画像:株式会社ブレーンベースイメージ

Mytis Arrow Implant

画像:Mytis Arrow Implant1

マイティスアローインプラントは細部まで科学的生体力学的に丁寧に設計され、機能・形態共に生体親和性に優れたデザインです。

表面処理:オッセオコンダクティビティ(骨伝導能)を持ち、細胞の活性を促進するABS処理。

β-TCP(β-リン酸三カルシウム)を含むHA(水酸アパタイト)の共晶体のブラスト材を使用。

材質:フルハードトップチタン(JIS2種)純チタン

純度:JIS2種(ASTM Gread2)

強さ:JIS4種 750-900N/Cm(ASTM Gread4 相当)

 

製品カタログはこちら

Mytis Arrow Implantの特長

ブラスト材

自社で製造した骨伝導能を持つ生体親和性に優れた純粋な化学合成材料、水酸アパタイト(HAP)を含むβ-リン酸三カルシウム(β-TCP)共晶体です。

ABS表面処理

骨伝導能を有する水酸アパタイト(HAP)を含むβ- リン酸三カルシウム(β-TCP)の共晶体でブラスト処理を行い、チタン表面にマイクロラフネスが生成されオッセオインテグレーションが獲得できます。